アルザス料理

白ワインを使った料理も豊富なフレンチのアルザス料理

キャベツを煮込むシュークルートという料理

アルザス料理は野菜を使った料理が多く、肉類だけでなく野菜も沢山食べたいという方々に向いています。
白ワインとの相性の良さを重視して作られている事も多く、白ワインでキャベツを煮込んだシュークルートなどの料理も人気が高いです。
香辛料と塩で漬け込んだキャベツを、一週間から二週間ほど発酵させてから、白ワインで煮込むシュークルートは、古くから地元の人たちから愛されています。
ハムやソーセージなどと一緒に食べるにも最適な料理で、キャベツなどのカロリーの低い野菜で食欲を満たしたい、ダイエット中の方々にもぴったりです。
現地では白身魚やガチョウなどと一緒に煮込まれる事もあり、家庭によってキャベツに付けられている風味が、大きく違うという事も珍しくありません。

“アルザス料理” の続きを読む

ブルゴーニュ料理

煮込み料理の美味しさで愛されるフレンチのブルゴーニュ料理

牛肉の煮込み料理のブッフ・ブルギニョン

食材を長時間煮込む事によって、旨味を引き出すフレンチの中でも、特に煮込み料理が美味しいと評価される事も多いのがブルゴーニュ料理です。
ブッフ・ブルギニョンなどの牛肉をじっくりと煮込んだ料理は、旨味が牛肉の中まで染み込んでいるだけでなく、牛肉の食感がとても柔らかいという点でも人気があります。
お皿の上に煮込んだ牛肉と一緒に、バターライスやマッシュポテトを添えている事が多く、ハヤシライスのような感覚で食べる事が可能です。
ブッフ・ブルギニョンには牛の頬肉が使われる事も多く、日本にあるフレンチのレストランでも、ブルゴーニュ料理を再現するために頬肉を使うところも珍しくありません。
シチュー用の牛肉でも同じような食感を作り出す事ができるために、家庭でブッフ・ブルギニョンを作りたいと思った時には、シチュー用の肉でも問題はないです。

豚肉と野菜の出汁を活かしたコック・オーヴァン

フレンチの料理の中でも、特に出汁の取り方にこだわりを持っているのが、ブルゴーニュ料理の特徴の一つです。
コック・オーヴァンという郷土料理は、豚肉と野菜の両方の旨味がバランスよく引き出せるように、じっくりと出汁を取るために煮込みます。
スープを少し口にするだけでも、豚肉と野菜の風味が綺麗に混ざり合っている事が分かるほど、スープの風味にこだわりを持っている事が実感できる料理です。
赤ワインを注いだ容器に豚肉と野菜を詰め込み、そのまま一晩漬け込むという手間をかけた料理だからこそ、美味しいスープを作る事ができます。
煮込みの際に丁寧にアクを取るのも、ブルゴーニュの人たちのこだわりの一つで、アクのせいで風味が台無しになってしまう事もありません。
ブルゴーニュ原産の風味の良いバターを使い、スープの風味を更に良くするのが現地のシェフたちのこだわりです。

エスカルゴ料理の風味の良さ

日本で食べたエスカルゴ料理が、どうも口に合わなかったという人は、フレンチのブルゴーニュ料理を口にしてみてください。
エスカルゴはブルゴーニュの名産品の一つで、エスカルゴの臭みを取り除くために、ブルゴーニュの人たちはハーブの使い方や下味の付け方にこだわりを持っています。
ブルゴーニュ料理を作るシェフは、エスカルゴの食感の良さを楽しめるように、オーブンの火加減の調節は特に慎重に行ってくれるのも特徴です。
フレンチではエスカルゴが、前菜に添えられる事も多く、胃もたれしにくい味付けがされています。
今までエスカルゴが苦手で食べられなかったという人も、一度はチャレンジをしてみてください。

ワインが豊富な福井市春山のフレンチバル「RATAFIA」

サヴォワ料理

サヴォワ料理はチーズや白ワインを多く使ったフレンチとして有名

ラクレットが郷土料理として扱われている

チーズの表面をヒーターの熱で溶かして、その溶けたチーズをそぎとって、ジャガイモやハムで食べるのがラクレットという料理です。
現在では日本でも知名度が上がってきているラクレットは、サヴォワ地方の郷土料理として扱われており、現地の人たちは家庭でもラクレットを楽しんでいます。
サヴォワ料理を多く提供しているフレンチのレストランでは、必ずと言っていいほどにラクレットがメニューに入っており、自分たちで好みの量のチーズを食材に乗せる事が可能です。

“サヴォワ料理” の続きを読む

ピカルディー料理

クレープに香り付けをしたフィセル

日本ではクレープはクリームやチョコレートと合わせて食べる、デザートとして扱われています、フレンチでは主食として食べられる事も多いです。
フィセルというピカルディー料理は、塩味のクレープとして現地で古くから愛されており、ハムを包み込んだクレープの旨味を楽しむ事ができます。
白コショウやナツメグの風味をたっぷりと混ぜ込んだ生クリームに、チーズの風味を合わせる事によって、クレープの生地とハムの旨味を最大限に引き出しているのが特徴です。

“ピカルディー料理” の続きを読む

ノルマンディー料理

クリームを使った料理が豊富

フランスのノルマンディー地方は、カマンベールチーズや生クリームだけでなく、豚肉や羊肉や魚介類など、数多くの名産品を抱えています。
ノルマンディーの食材無しではフレンチは語れないと言われるほどに、美味しい食材を作り出している地域であり、仔牛を使った料理は特に評判が良いです。
まだ身体が成長しきっていない仔牛であっても、十分に脂身が付いているのがノルマンディー産の仔牛の特徴で、仔牛のソテーなどは世界中の方々から人気があります。

“ノルマンディー料理” の続きを読む

プロヴァンス料理

フレンチのプロヴァンス料理は人気です

プロヴァンス料理を知る

世界中の方々から愛されている料理のひとつがフレンチです。
小さいお子様から大人まで楽しめる料理なので、年齢性別問わずに人気を誇っています。
一言でフレンチと言っても様々な種類があります。
中でも人気なのがプロヴァンス料理です。
こちらはフランス南部のプロヴァンス地方で親しまれてきました。
プロヴァンス地方はフランスの中でも、非常に自然豊かなエリアです。
自然豊かなエリアだからこそ安心して食べる事が出来ます。

“プロヴァンス料理” の続きを読む

バスク料理

バスク料理はフレンチの要素を受け継いでいる。

バスク料理とは

バスク人をご存知でしょうか。
バスク人はピレネー山脈周辺にいる民族の事を指していて、スペイン人やフランス人が多くいます。
そんなフランスとスペインの間に居住する人々が作った料理ですから、フレンチとスペイン料理の様々な要素が含まれているものになっています。
この地方は国境を経ている上に、エブロ谷や海も近くにあり、文化だけでなく様々な気候の影響を受けていることに大きな特徴があります。
そもそもバスク人も貿易や探索が好きな民族で、様々な技術を受け入れていて、追放されたユダヤ人なども民族から様々な文化を得ています。
というわけで、魚料理や肉料理や野菜料理など色々なタイプのものが存在します。

“バスク料理” の続きを読む

ラングドック料理

山や海の食材を活かした料理が特長的なフレンチのラングドック料理

鱈やジャガイモの良さを引き出す料理

美しい海や山に囲まれているフランス南部の中でも、特に品質の良い食材を入手できると評判なのがラングドック地方です。
とても綺麗な渓谷のある地域で、美味しい川魚やキノコなども入手する事ができますし、乳製品の生産量が豊富な地域でもあります。
手に入る食材が豊富な地域だからこそ、料理のメニューの数も多いというのがラングドック料理の特徴で、フレンチの良さを思う存分に楽しむ事が可能です。
魚介類を使った料理の美味しさでも有名で、鱈のブランダードなどは郷土料理として、地元住民だけでなく観光客の方々からも愛されています。

“ラングドック料理” の続きを読む

ブルターニュ料理

海産物を使ったメニューが豊富なフレンチのブルターニュ料理

郷土料理でも貝や海老が使われている

フランス北西部にあるブルターニュは英仏海峡に面しており、牡蠣やオマール海老といった海産物が名産品として扱われています。
家庭料理でも牡蠣やオマール海老が使われており、フレンチの高級レストランでもブルターニュでとれた海産物が食材として選ばれる事も多いです。
ブルターニュ料理はコトリアードという郷土料理が有名で、食べるスープと呼ばれるほどに、スープの中に沢山の食材が含まれています。
似たような料理にブイヤベースがありますが、ブイヤベースはハーブやトマトの風味を使う事が多い一方で、コトリアードは魚の出汁がメインになっているのが特徴です。

“ブルターニュ料理” の続きを読む

オーヴェルニュ料理

ジャガイモの風味を活かしたフレンチならオーヴェルニュ料理が有名

アリゴというマッシュポテト

ジャガイモを使った料理の中でもマッシュポテトが大好きで、普段からマッシュポテトを食べる事が多いという人は、フレンチでアリゴという料理を注文してみてください。
アリゴというのはオーヴェルニュ料理の一種で、マッシュポテトとチーズをしっかりと練り上げる事によって、粘り気を出されたマッシュポテトに近い料理です。
マッシュポテトが糸を引いて伸びてくれるという、見た目の面白さでも観光客の方々を喜ばせている料理で、ポテトを口にした瞬間にチーズの風味の良さが口の中に広がります。

“オーヴェルニュ料理” の続きを読む